■ちょいと朱鞠内湖へ       2015年9月5日~6日

土曜日~日曜日の昼までフリーだったのでどこかに行く事にしたが、

数日前に職場の人が「多寄の淳真(じゅんしん)という蕎麦屋が旨い!」と言っていた。その人は自ら蕎麦打ちもするような人なので、蕎麦にはとてもうるさい。私は「なるほどこの情報はインプットだな」と記憶に留めた。

同じ頃、仕事でお付き合いのある方が「和寒のラーメン大勝(だいかつ)に行って来た。美味しかったよ」と言っていた。大勝は確かに美味しいとよく聞くラーメン店だったが、行った事は無い。2012年一時閉店し、2014年に店主が替わり開店したと誰かのブログで知っていた。

 

前置きが長くなったが今回はそれらの飲食店をハジゴながら国道40号線を北上、そして行くキャンプ場はその流れで1年ぶりとなる朱鞠内湖。朱鞠内湖は上手く行けば湖の畔のロケーションの良い所にテントを張れるが、そうでなければ林間となり、それはそれで野趣を楽しめるキャンプ場だ。

問題は混んでいるかどうかだ。密集したキャンプ場は真っ平ご免だ。

今時期なら大して混んでいないだろうって事を期待して・・。

 

100年食堂は残りあと2店舗まで来ているが、2店舗ともハードルが高い店なので(一人では行くに行けない店)難航している。何とか今月中には完結させたいが。

早起きしてワックス掛けなんぞしたものの、出発して数分で大雨・・。

旭川もそろそろ稲刈りかぁ・・。寂しいねぇ。

今回のドライヴミュージックその1.テイラー・スウィフト。

余り新しい音楽を受け付けない歳になったが、これはイイね。

ジャストAM11時に「大勝食堂さん」に到着! 5分遅れで開店! 開店しないのではないかとヒヤヒヤもの・・。釧路の蕎麦屋も10分遅れで開店とかあったな。頼んまっせ!^^

メニューは上の画像の通り3つしかない。私が行った飲食店では最少だな。

最多は同じ国道40号線沿いにある美深の井上食堂さん。井上食堂さんは2,000種類以上のメニューです! 両極端だねぇ~。

で、私が注文したのは3つ全て。しかしライスが50円とは激安だね。漬け物まで付いて来るし。あと、オシボリを出してくれるラーメン店なんて今時少数派でしょう!嬉しいですねえ^^


私が遠方に出掛けてラーメンを殆んど注文しないのは、ラーメンは店毎に味の幅が大きくアタリハズレが大きいから(100%個人的な好みの問題です)。

私はラーメンでは特に麺を重視し、加水率の低い所謂旭川的な麺が大好きなので、今回のように何かなければ積極的に遠出してラーメンは食べません^^

こちらの麺は少し加水率が高いものの、美味しくて、スープや焼き豚などどれをとっても良い意味で普通の美味しさ。何か過飾な事でもやって単価を釣り上げてやろうという雑念が一切ないラーメン。

味付け卵も味が染み、黄身はトロトロでほっぺが落ちそう。。。

古くも掃除の行き届いた店内にはジャズが流れ、雰囲気が良いです。

 

ところで私と同時に入店した別の2人組の旅行客が2人分の飲食費、1,300円をカウンターに置いて帰ったんだけど、100円を間違えて1円で置いて行ってんの。

つまり1,201円置いて帰っちゃったわけ。店主さんも苦笑いでした^^;

そしてそして、和寒(わっさむ)と言えば、金子精肉店さん。

国道40号線沿いに立地。こちらはジンギスカンで有名なお店だが、今回は初めて味付きホルモンを購入。夜が楽しみだなあ。

続きましては多寄町の「手打ちそば処 淳真(じゅんしん)さん

建物を正面から撮れなかった(人がいて)のだが、こちらの建物は元北海道拓殖銀行の建物だったんだって。

こちらのお店、昼の営業しかやっていない。

お昼時と言う事もあって、店内は激混み。お店は2人で切り盛りしているようで、注文してから出て来るまで30分は待ったな。。

注文したのはメニューに ◎こだわり と書かれた「たよろざるそば(830円)」。運ばれた蕎麦の横には好物の稲荷ずしが。これはポイント高いな。

えーとではまずは麺を一口。うーむ、美味しい。石臼で挽かれたという蕎麦の実は薫りも良く、たまりません。ただ繋ぎの小麦粉を使わないのか少な目に使っているのか麺自体がブツブツと短めです。

蕎麦つゆはしょっぱ目だが、鰹の風味が強く感じられ満足出来ます。

それと食べていて気付いたのが海苔がやけに香ばしくて美味しい事。お店のうんちくを帰って来てから見てみると浜名湖産だって。蕎麦店で海苔の事を美味しいと感じたのは初めて。

いずれにしてもまた何度でも来たくなる蕎麦店です。ご馳走様でした^^

で、PM1:30頃に朱鞠内湖に到着。隣のType Rのカップルは初めて2人でキャンプに来たんだってさ。私の事をネットで知っていて「マジ 本物~?」とか言っておりましたが。薪を少しあげたらビールを頂きました。ご馳走様^^/

キャンプ場は芝生のフリーサイト、林間サイト、湖畔サイトって感じ。

湖畔サイトは既に空きが無かったので、湖の見える林間サイトに居を構える。

車高の低いロードスターを画像の高低差のある入り組んだサイトに入れる為、

  何度も歩いてシミュレートの上、画像手前から奥に強引に突っ込んだ^^;

  ロードスターの限界にチャレンジだった・・

オープンドライブで顔がベタベタになっていたので、管理棟前にあるシャワー&ランドリーハウスでシャワーを浴びる。5分100円だったけど、最初の1分は水しか出なくて焦った・・

帰って来てから夜の宴に備え、斧で軽く薪割り。

その後はネットを徘徊し(自分のサイトを満足げに見ている図)、読書。

今回のテント内の様子。雨が降った後だったんで、地面がドロドロで参った。

片付けの時にコットやチェアの脚を全て拭かねばならない。クーラーボックスなどのベッタリ着地モノは台の上に置いてあります。

コットで寝ている角度からテント内を撮影。ラジオからは「日高吾郎ショー」。

ラジオは普段余り聴かないが、キャンプの時は賑やかさが少し欲しくて聴く。意外と楽しいものだ。時に懐かしい音楽が流れて来て聴き入ってしまう。

では恒例の今日の食材。クーラーボックスから一度全部引きずり出して並べないと忘れてしまうのだ。しかしこの後残念な事にシャウエッセンの事を帰って来るまで思い出す事は無かった。。朝食で食べたかった・・。

画像では見難いが豆腐や(かにみそをのせて食べる)カップ麺やクリームパンもあるが、これも手を付けず。いつも安心感を求め過剰に買い込んでしまう。

PM6時まで思い切り昼寝してしまった。では夕食にしますか・・。炭を熾し・・

きのこの炊き込みご飯を作る。今回PRIMUSの115ストーブを購入。PRIMUS最小のストーブだ。驚くほどコンパクトだが使い勝手は良好。

これを買うきっかけになったのは先日の白金温泉で一緒にキャンプした横浜の人から帰りの飛行機に持ち込み出来ないのであげるって、PRIMUSのOD缶を貰った事。ありがとうね、活用しています^^

ビールはプレモル&エビスの限定版で贅沢に。。金子精肉店のホルモンが超超超絶に旨い!肉の厚み、肉の切り込みの絶妙、タレの濃厚さ、ビールに超合う!

500g(タレ込み) 800円だったと思うんだけど、安い。私は余り肉を沢山食べられないのだが、時間を掛けて殆んど食べてしまった・・。お陰でキノコの炊き込みご飯はひと口しか食べなかった・・。(そのままクーラーボックスに入れて持ち帰り)

この日気温は10℃位まで下がった。先日の羅臼の時よりは暖かかったが、焚き火が楽しい気温だ。火って本当に偉大だ。体が温まる。

ロードスター&テントを入れて星空軌跡の写真を撮影したかったが、樹木や場内のライトが邪魔してダメだった。真上に向けて星空軌跡の撮影。天気が良かった。

PM10:30 就寝zzzzz・・・

AM2時、目が覚める。温度計を見ると気温は10℃。寒いなあ。ガスランタンを点けたらテント内の温度が15℃まで上がった(危険な使い方です。絶対真似しないでね)

オードリーのオールナイトニッポンを聴きながら、ローソンで買って来たロールケーキをパクつき、2年も持ち歩いて賞味期限が切れてしまったオニオンスープを飲み、歯を磨いて二度寝。

何だか凄く眠り易い温度で、起きたらAM6:20。朝もやが凄くて湖が見えない。

本日は午後から予定があるので、朝食食べてさっさと帰るか~。

魚肉ソーセージを持って来ていたので使う。しかし、帰ってから折角買った好物のシャウエッセンがクーラーボックスに眠っている事に気付いて跪く・・。

魚肉ソーセージとパンを軽く炙って、パンにマヨネーズを塗ってソーセージとトマトをのせて頂く。美味しかったけど、シャウエッセンだったら最高だったなぁ(かなり残念がってます)。それにアマノフーズの味噌汁に気を取られ、豆乳(麦芽コーヒー味)も楽しみにしていたのに、これも飲み忘れて家に持ち帰る・・。

AM8:30 朱鞠内湖を出発。あー冬はココでワカサギ釣り(氷上)をするんだよなぁ。

この辺りは普段から交通量が少ないのに、日曜の朝なら尚更。

ヒーターを強めにして、肌寒い風をきってロードスターを走らせる。

  今回のドライブミュージック2:オフコース

      何日か前にラジオで流れているのを聴き、懐かしくて用意。

ドライブがてら帰る途中、「和寒町南丘森林公園キャンプ場」の前を通ったので、ちょいと様子を見に立ち寄る。ココは南丘貯水池の横にあるキャンプ場。

オートサイト辺りを走らせる。

ここのオートサイトはサークル状になっていて、スペースに無駄が出ないのには感心させられるが、混み合っている時にユッタリした気持ちになれるのだろうか。

しかし全体的にとてもイイ雰囲気だ。

さて、最後に。。この自販機の事を思い出して旭川の隣町の鷹栖町に立ち寄り。というか通り掛かり。

「VIVO(ビーボ)」という清涼飲料水メーカーがあったのを覚えているでしょうか?(35歳以上でないと分からないなあ)

「ビーボより美味しいのはビーボだけ!」のキャッチフレーズを自販機に掲げていました。ちょっと前にビーボの事を思い出したので調べてみると、いるんですねぇ。ビーボマニアが。「VIVOをさがせ!」というサイトに全国のビーボ情報が集まってきています。

そして画像の鷹栖町の自販機は全国でも珍しい稼働しているビーボの自販機です。

(中身の商品は違うけど)

 

ではまた・・^^/