■白金温泉 輪行    2013年8月31日~9月1日

8月初めにキャンプに行ったきり、お盆の帰省や天候不順でアウトドア旅行は封印されていた訳です。8月31日(土曜)、前日まで雨の予報であったが、朝起きてみたら美瑛方面は午後6時まで曇りとの事。こりゃぁ久しぶりに出掛けるか~、となった訳で・・。ロードスターをどれ位走らせていないか定かではないが、今季自転車で出掛ける最後のチャンスなので、メトロ号の発進です。

 

目的地は美瑛の白金温泉!白金温泉にはキャンプ場もあるのです。

午前8時15分、ソロ用テント・シュラフ・エアーマット・エアーピロー・コンロ・ガスボンベ・着替え・洗面道具などの最低限の荷物を積む。

妻は「夜、大雨降るんだよ~、大丈夫~?」と心配してくれましたが、まあ何とかなるさ、と出発したのでした。

今回を逃すと時期的に私の持っている自転車積載用軽量シュラフでは寒くて夜寝られないし。。

自宅から約17キロの東神楽町役場そばのホクレンショップで休憩。天気は曇りで気温は23℃位なのに上半身は汗まみれ。好物の甘酒を給油。

まだまだ元気!

午前11時。自宅から約31キロ、美瑛にある「喫茶ナブの家」に到着。

こちらのオーナーの山口さんは木工家で倉本聡監督のドラマに度々小物を提供している方で、同じ敷地に作業場があります。

何年か前に「今から倉本監督が来るから遊びにおいで」と言われて喜んで行ったのですが、飛行機が天候で飛ばなくなり、残念な思いをした事があります。(でも倉本監督を前にしたらカチカチになって会話どころじゃないだろうなぁ)

 

何年か前に山階鳥類研究所の非常勤研究員だった紀宮様(黒田清子様)がこの喫茶店に飛んで来る野鳥を観察しに見えられたとの事です。

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

この喫茶店には餌台があり、年間を通じると約80種の野鳥が来ます。

写真はエゾリスで、人に慣れていてこの通り写真もOK。

数人いたお客さんとワイワイ雑談しながら野性動物を観察出来ます。

 

この隣にある納屋の屋根裏にはエゾモモンガが数匹住んでいて夕方になると巣から這い出て来て木から木へとグライダー飛行を見せてくれ、面白いです。またすぐ傍の木々にはコウモリが5種類もいるそうで、鳴き声は日中でも聴く事が出来ます。(勿論私にはコウモリの声が分からないので山口さんに教えて貰うのですが・・) 時々コウモリ研究の学者が研究に訪れるそうな。。

ここで昼食。ホットサンドです。喫茶店は奥様が運営されております。食材に拘っており、例えばパンは近所の天然酵母のパン屋さんから。ジャガイモは近所のカルビー(ポテトチップスね)の契約農家さんから買っているそうです。

今迄何回も食べているのですが、どんな感じでホットサンドを作っているのか尋ねてみましたら、私と同じバウルーのホットサンドメーカーを使っているそうです。こちらはシングルで私はダブルです。

上写真)オーナーで木工家の山口さんです。

現在はピザの窯を作成しているとの事で、見せて頂きましたがとても立派なものが出来そうです。いつも何か新しい事にチャレンジする山口さんは楽しい方です。

時々テレビや雑誌や新聞に出たりもしています。

是非皆様も足を運んでみて下さい。気さくな方です。

ナブの家ブログ

ナブの家で1時間ほど休憩してから出発。後方はケンとメリーの木。

R237号を左に。美瑛市街の標高は190m。これから標高660mの白金温泉野営場に向かう。20キロの道のりで470mの標高差だ。頑張ろう。

天気はどうかな~。。。ネットで予報を見ると昼12時から「雨」になっているではないか!。朝見た時は午後6時からだったのに。。焦る焦る!

こんな所で雨に降られたら大変だ。

白金温泉は美瑛の町から20キロ先にある。雨が降ったら大変なので兎に角休憩を少な目にして目的地に向かう。最初の12キロ位は緩やかな坂。そこからは割とキツい感じの坂になる。

平地なら時速15キロから20キロ位で走るのだが、疲れも出て来て10キロ位でヨタヨタ走る。

路肩が広い所もあれば、上の画像の様に狭くてクルマの追い抜きが恐ろしい所もある。安全度が一貫していない。

白金温泉まであと5キロ位になると車道の横に遊歩道がある。

コケが生えていて走り難いが、安全を考えてコチラを走る。

何かヌルヌルしている道で、動力が数パーセント食われている感じだ。

青い池、パス。何が何でも雨が降らない内に目的地に着いてテントを設営せねばならないのだ。白金温泉まであと3キロだが、もう完全にバテバテ。筋肉が言う事をきかない。

500m自転車で走って100m歩くを繰り返す。

 

遂に白金の温泉街に到着。野営場もここからすぐの所だ。

 

上画像、美瑛白金四季の森ホテルパークヒルズ。

ここ2キロ位の道中、汗でベチャベチャの上から結構強い雨に降られた。とても寒い・・。

ヘトヘトに疲れ、体はベチャベチャ。何だか切ない気持ちになってきて、この時点で何の迷いも無くキャンプ中止を決定。早くフカフカのベットで横になりたい・・

 

ホテルの入口に向かう。このホテルは今迄も何度か宿泊した事があるので良く知っており、何となく安心だったから。温泉施設も立派だし。

 

入口階段下に行くと偶然従業員の方が降りてきた。

「あのー。一人なんですが、宿泊出来ますか?」

従「大丈夫ですよ~。一泊二食で11,700円ですが宜しいですか?」

(もうお金の問題じゃない!)「勿論ですよ!」

 「あのー自転車はどちらに?・・」

従「ホテル内にお預かりするスペースがありますのでご安心下さい!」

(そりゃイイや!)

従「ただ・・・チェックインが午後3時からなので

  ご希望の場合はあと30分経ってからフロントにいらして下さいネ!」

「分かりました!・・・」 って、あと30分どこで待とうか・・

  体はベチャベチャでカッコ悪くてロビーに行けないし・・・

  雨は強くなって来るし・・寒くてたまらんし・・。。

黙っていても寒いので、ホテルから数百メートル登った所にある白金野営場に自転車を走らせた。そういやここにはバンガローもあるなぁ。せっかく途中のコンビニでおにぎりなんかも買って来たし、ホテルは中止。管理棟に向かう。

管理棟に行くと親切そうな管理人のおじさんがいらっしゃった。

 

「あのーバンガローを借りたいのですが・・」

管「あれー?お一人? テントは?」

「雨の中、テントを張るのは濡れるし面倒で・・」

管「バンガローは3,500円だけど四人用なので一人では勿体無いよ」

 「すぐそこに設営してある大きな貸しテントがあるから、そこにしたら?」

 「500円だよ」「自転車が入る前室もあるよ」

「(そうだなぁ、それでもいいか!) ではそれでお願いします!」

 

  で、晴れて上画像のテントを借りたのでした。 

この青いテント、かなりの年代物の様だが、中に入ると広いしとても快適。

大人7~8人が寝られる位だし、前室があって画像の様に自転車を入れられるので雨に濡らさずに済む。

ありがとう、管理棟のおじさん!

 

家から運搬してきたテントはただのオモリだったけど、まあいいや。

それとこのテントに厚手の銀マットが2枚備え付けられていたので2枚重ねで使いました。いやー贅沢^^

 

ベチャベチャの服は全て着替えてここから200m位の所にある温泉にカッパを着て歩いて行く。

白金温泉は7軒の温泉宿があり、多くの温泉に入湯したと思うが、ここは初めて

「銀瑛荘」宿泊は素泊まりのみという潔さ。温泉は勿論源泉掛け流しだ。

10人位の団体客がいたので、30分位休憩場で休んでから入浴。

貸切です! 私はせっかちで長湯をしないのだが、30分も佇んでしまったぞ。

露天風呂が長湯に丁度良い温めの湯で、坂道を20キロ登り、最後には雨に降られた辛い辛い旅を振り返り、ふくらはぎをモミモミしながら湯浴み。満足度MAXの湯だった。

 

留萌輪行時のビールは人生最高のビールだったが、

今回の温泉は人生最高の温泉として思い出に刻まれた。

白ひげ滝などから水酸化アルミニウムなどを含んだ水が美瑛川に流れる。

その成分が川を青くして、下流の青い池に向かっているのだ。

青い池は2012年にアップル社の壁紙にもなっている。

カップヌードルとおにぎりは美瑛市街で、ビール・梅酒・つまみは温泉街の商店で購入。画像に写っているクシャクシャに潰したペットボトルは「いろはす」のペットボトル。ネットでこうして使っている人を見て真似してみた。水を入れれば何度も使える水筒となり、嵩張るモノが御法度のチャリダーにはとても便利。炊事場からこれに水を入れて来てカップ麺やコーンスープ用にストックした。

この日走った距離は54.70km。留萌の時は86km走ったのだが、疲れは今回の方が遥かに大きい。

 

夜は午後9時過ぎに寝たのだが、雨音で1時間毎に目が覚めた。

朝は10℃位まで温度が下がったが、腹巻きの中にカイロを入れていたので寒さは全くなかった。私はお腹を冷やすとすぐに痛くなるので、腹巻きは欠かせない。^^;

そして夜は明け・・・

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

白金野営場の前に何とココ発旭川駅着のバス停があった。昨夜は雨の予報だったので最初はバスを利用して旭川まで帰ろうと思っていたが、午前6時の予報が午前中曇りになった為、美瑛駅までの20キロを自転車で走る事にした。

ずっと下り坂でしょ?

昨日登って来た時の倍返し!いや3倍返しのスピードで駆け抜けてやる!

下り坂では最高時速40キロものスピードが出た。滑りやすい白線を踏んで転倒しない様に細心の注意を払う。予報では曇りだったのにかなり雨に降られ、下半身を中心にまたもや濡れまくり。カッパを着ているんだけどね。

午前7時半、美瑛駅に到着。20キロの道のりを50分位で走った。

昨日の登りは2時間半掛かったのにさ・・。

雨の中だったけど雨粒が顔面に当たるのでさえ心地良かった。

この旅唯一の自画撮り。ガラスにカッパを着た私が写っている。。

自転車をたたみ、輪行袋に収納完了。

美瑛駅内。画像には写っていないが乗客は15人位いた。

旭川行きの2両編成の列車。長閑だね~。高校生や台湾から来た旅行客の皆さんと一緒に乗りました。

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

さて、そんなこんなで午前9時過ぎに無事自宅に帰ったのですが、心残りがありまして・・午後から妻を誘ってアイシス号で再び美瑛に戻って参りました。。。

自転車で雨に怯え目的地に急いでいた時に寄りたくても寄れなかったハスカップファーム直営の「ベリーショップはすぶる」。今年6月から開店したらしい。

綺麗な店舗です。

念願のハスカップソフトクリームを頂きました。甘酸っぱくて美味しかったです。

このHPに滅多に出現しない妻(上)。虫が(つまりアウトドア系が)嫌いです。

青い池 何度見ても不思議な感じ。神の子池は澄んでいて綺麗。こちらは絵の具を混ぜた水って感じの綺麗さかな? 立ち枯れの木がいい雰囲気を醸し出している。

白金温泉から8キロの吹上温泉白銀荘に来た。実は自転車で調子が良ければ白銀荘前キャンプ場まで来てやろうと思っていたのだが、白金温泉から8キロの山道はかなり急な坂道で現状の体力では無理っぽい。

来年まで体を鍛えておこう。課題だ。

白銀荘前キャンプ場
白銀荘前キャンプ場

さて、これからはロードスターで出掛けよう。長期の天気予報では余り芳しくなさそうだが、週末だけでも晴れますように・・・。ではまた!^^/

あ、ちなみに今回の輪行で2キロ以上痩せました ^_^