■ ニセコへ行く  2010年7月10日~11日

今回の行き先はニセコ。

目的は3つある。

1.ニセコ野営場キャンプ

2.ニセコ五色温泉

3.ニセコアンヌプリ登山

 

特に登山は登山靴を購入し、並々ならぬ意気込みである(登山は小学生以来)

 

また旅仲間のDocro氏と、あの有名な‘かぶじろう氏’も合流する予定。

これも実に楽しみ。

 

では全123枚の画像をご覧下さい。

 

0:16 眠れなかったので出発する事に。ガソリンを入れた。
0:16 眠れなかったので出発する事に。ガソリンを入れた。
0:33 旭川北インター。とりあえず小樽までノンビリな感じで。
0:33 旭川北インター。とりあえず小樽までノンビリな感じで。

実は高速道路が余り好きではない。景色が単調で寄り道も出来ず、面白味に欠けるからだ。また特に虫がボディやガラスに衝突痕を残すのは最悪・・

 

だからロードスターでもそれ以外のクルマで走っても極力スピードは出さない。

今回もクルマが殆ど走っていなかったので80キロ位でノロノロと巡航した。

 

せめてオープンにして走ると楽しいのだが、そもそも徹夜であり、登山を控え体調を崩したらまずいのでクローズしていた。

3:20 小樽運河の傍に24時間営業のお寿司屋さん「すしざんまい」を発見
3:20 小樽運河の傍に24時間営業のお寿司屋さん「すしざんまい」を発見
店内の様子。店の人は全部で7人。活気があります。
店内の様子。店の人は全部で7人。活気があります。
とりあえずこんな感じで注文
とりあえずこんな感じで注文
追加でこんなのも注文。大トロ、中トロ、赤身 合計で1,700円位だったかな。美味しかったです。
追加でこんなのも注文。大トロ、中トロ、赤身 合計で1,700円位だったかな。美味しかったです。
3:51 小樽運河にて
3:51 小樽運河にて
4:05 街の傍らで
4:05 街の傍らで
小樽の海。北海道一周を思い出すなあ
小樽の海。北海道一周を思い出すなあ
有名な余市のお食事処、柿崎商店
有名な余市のお食事処、柿崎商店
5:34 ニセコ野営場に到着。うーん、天気が悪い。
5:34 ニセコ野営場に到着。うーん、天気が悪い。

自宅を出発してから5時間半、ようやく目的地キャンプ場に到着した。

なかなかいい雰囲気のキャンプ場だ。向こうにニセコアンヌプリが見える
なかなかいい雰囲気のキャンプ場だ。向こうにニセコアンヌプリが見える
ここはニセコ野営場のはずだが・・
ここはニセコ野営場のはずだが・・
6:31 3段になっているサイトの一番上に設営した
6:31 3段になっているサイトの一番上に設営した
7:03 そろそろ登山でもするか。(後方に今回登山のニセコアンヌプリ)
7:03 そろそろ登山でもするか。(後方に今回登山のニセコアンヌプリ)
荷物はお茶500ml、水500ml、ガスコンロ、ガス、三脚、カップ麺、おにぎりなど。
荷物はお茶500ml、水500ml、ガスコンロ、ガス、三脚、カップ麺、おにぎりなど。
7:20 入林届けを書いて いよいよ出発。頑張るぞ!
7:20 入林届けを書いて いよいよ出発。頑張るぞ!
余りの急勾配に落ちていた枝を杖代わりにした
余りの急勾配に落ちていた枝を杖代わりにした
7:44 登り始めて24分後。疲れている割に下界の景色に変化が見られない
7:44 登り始めて24分後。疲れている割に下界の景色に変化が見られない
道が悪いぞ、クソ! なんて独り言を言いつつ・・
道が悪いぞ、クソ! なんて独り言を言いつつ・・
結構登ったな・・
結構登ったな・・
普段花に興味が無いのに、、何故か立ち止まってしまう。なぜなら理由を付け休む為・・
普段花に興味が無いのに、、何故か立ち止まってしまう。なぜなら理由を付け休む為・・
「山登りって何で辛いんだ?」「道の悪い坂だから」そんな独り言を言いながら・・
「山登りって何で辛いんだ?」「道の悪い坂だから」そんな独り言を言いながら・・
でもちょっと仙人の気分になったりする。
でもちょっと仙人の気分になったりする。
天城超えを歌ったり・・
天城超えを歌ったり・・
しかし、、どこまで続くんだよ・・この瓦礫の山は・・
しかし、、どこまで続くんだよ・・この瓦礫の山は・・
ただ冷静に見ると景色、結構綺麗なんよ・・
ただ冷静に見ると景色、結構綺麗なんよ・・
おや? 人工物が見えるぞ?
おや? 人工物が見えるぞ?
疲れた体に鞭を打ち、猛烈な勢いで頂上に向かう。
疲れた体に鞭を打ち、猛烈な勢いで頂上に向かう。
8:55 どうにか到着。 1時間35分の登山。疲れを忘れ満面の笑み
8:55 どうにか到着。 1時間35分の登山。疲れを忘れ満面の笑み

この写真はスキー場の方のルートから登ってきた男性に撮影して貰った。

その後その方も居なくなり、30分位の間、山頂は私の独り占めだった。

羊蹄山が見える。蝦夷富士と呼ばれる筈だ。感慨深いわ~・・
羊蹄山が見える。蝦夷富士と呼ばれる筈だ。感慨深いわ~・・
ニセコの町が見える
ニセコの町が見える
では持って来たカップ麺でも食べるか・・
では持って来たカップ麺でも食べるか・・

意外にハエが飛び回っており、落ち着いて食事が出来なかった。

ただ、風が殆ど無く、山頂とは思えない雰囲気だった。

9:33 さて下山するか!
9:33 さて下山するか!
こんな道ばかりだと楽なんだが・・
こんな道ばかりだと楽なんだが・・
花の名は分らないが時折見掛ける美しいものに立ち止まるのであった
花の名は分らないが時折見掛ける美しいものに立ち止まるのであった
こんなのを肉眼で見るといいんだよなあ。。
こんなのを肉眼で見るといいんだよなあ。。
下る方が大変。足が体重を支えるのにプルプル震える。岩場で不安定だし・・
下る方が大変。足が体重を支えるのにプルプル震える。岩場で不安定だし・・
10:51 フラフラになりつつ無事下山。上り1時間30分、下り1時間15分といったところ・・もう体中汗だく。徹夜での登山は若干無理があったか。。
10:51 フラフラになりつつ無事下山。上り1時間30分、下り1時間15分といったところ・・もう体中汗だく。徹夜での登山は若干無理があったか。。
11:15 すかさず温泉に。今回は2軒ある温泉の内の山の家にした。五色温泉の方は一部工事中であった為、キャンプ場の管理人さんにコチラを勧められた。
11:15 すかさず温泉に。今回は2軒ある温泉の内の山の家にした。五色温泉の方は一部工事中であった為、キャンプ場の管理人さんにコチラを勧められた。
泉質は最高! 硫黄の香りがプンプンする温泉らしい温泉なのだ。大満足。
泉質は最高! 硫黄の香りがプンプンする温泉らしい温泉なのだ。大満足。

私の経験の中では最も素晴らしい泉質だと思う。

源泉掛け流しであっても無臭の温泉もあるが、ここは相当な硫黄の香りがするのだ。一緒に入浴した方々とも色んな温泉話をしたりして楽しかった。

12:27 風呂上りにニセコの町まで買い出しに・・
12:27 風呂上りにニセコの町まで買い出しに・・
ニセコの駅。洒落ているが無人駅らしい。
ニセコの駅。洒落ているが無人駅らしい。
13:00 Aコープで買い物 ついついいらぬものまで買うのであった
13:00 Aコープで買い物 ついついいらぬものまで買うのであった
13:42 テントに帰還。好きな冷やし甘酒を買ってきた。テント内の気温25℃。
13:42 テントに帰還。好きな冷やし甘酒を買ってきた。テント内の気温25℃。
大自然に囲まれ、達成感で満足している私。
大自然に囲まれ、達成感で満足している私。
テント内ではこんな本を読む。毎回いろんな本を読むが、今回はアマゾンで購入し、出発直前に届いた冒険ものの2冊の本。ところがテント内で読むと意外とワクワクしない。こういう本は自宅でイメージを膨らませながら読むのがいいらしいな。
テント内ではこんな本を読む。毎回いろんな本を読むが、今回はアマゾンで購入し、出発直前に届いた冒険ものの2冊の本。ところがテント内で読むと意外とワクワクしない。こういう本は自宅でイメージを膨らませながら読むのがいいらしいな。
15:36 おっ、かぶじろう氏が到着しているぞ・・
15:36 おっ、かぶじろう氏が到着しているぞ・・
15:42 かぶじろう氏と雑談後、氏は買い出しに、私は近くの喫茶店(休憩所)に。
15:42 かぶじろう氏と雑談後、氏は買い出しに、私は近くの喫茶店(休憩所)に。
アイスコーヒーを飲んでマスターと雑談。
アイスコーヒーを飲んでマスターと雑談。
このキャンプ場の利用料、大人は300円也。まずまずリーズナブル。
このキャンプ場の利用料、大人は300円也。まずまずリーズナブル。
16:54 Docro氏も到着。しかし様子がおかしい。
16:54 Docro氏も到着。しかし様子がおかしい。
バイクに積んでいるBOXの鍵を家に忘れてきてしまったとの事。中にはテントを始めとしたキャンプセットが入っている。
バイクに積んでいるBOXの鍵を家に忘れてきてしまったとの事。中にはテントを始めとしたキャンプセットが入っている。

鍵屋さんを電話で当たってみたが思うような所が無く、結局Docro氏はそばの「山の家」に宿泊する事に。素泊まりで6,090円らしい。

一緒にテントを張れず残念でした。。

18:45 しかし、宴会は滞りなく開催された。テーブルの上に鎮座するのは かぶじろうさん持参の2リットルの日本酒。その他ビールなどを飲みまくった。似たような趣味を持つ人間が集まると実に楽しいものです。
18:45 しかし、宴会は滞りなく開催された。テーブルの上に鎮座するのは かぶじろうさん持参の2リットルの日本酒。その他ビールなどを飲みまくった。似たような趣味を持つ人間が集まると実に楽しいものです。
かぶじろうさんの改造撮影サングラス。よく出来ています。
かぶじろうさんの改造撮影サングラス。よく出来ています。
Docro氏試着。これは素晴らしいアイテムですねえ。
Docro氏試着。これは素晴らしいアイテムですねえ。

結局23時近くまで宴は続き、(Docro氏は門限がある為21時30分頃山の家へ) 残った二人は他愛のない話を楽しく続けたのであった。。しかし、かぶじろうさんの‘カブで1日最高820キロ走行’って・・凄すぎる。。今年春に道の駅6週間で制覇も驚嘆せずにはいられない。。正に鉄人だ・・

 翌日午前3時起床。

前の日徹夜で走っても、その後登山しても、23時まで宴会しても、きちんと3時に目が覚める早起きっぷりに自分が驚いた。

でも早朝って色々と素晴らしいのよ・・

3:46 気温15℃
3:46 気温15℃
3:55 清々しい朝。
3:55 清々しい朝。
4:13 トーストを焼き、胡椒を振り、チーズを乗せ、トマトにマヨネーズをかけて食べる。これが実に美味い。モスバーガーのモスバーガーに匹敵する美味さ・・(注:個人の感想です)
4:13 トーストを焼き、胡椒を振り、チーズを乗せ、トマトにマヨネーズをかけて食べる。これが実に美味い。モスバーガーのモスバーガーに匹敵する美味さ・・(注:個人の感想です)
8:24 テントを撤収
8:24 テントを撤収
8:31 Docro氏も再び合流
8:31 Docro氏も再び合流
出発前、突然の青空が・・高原キャンプ場らしい景色だ。
出発前、突然の青空が・・高原キャンプ場らしい景色だ。
ニセコアンヌプリも僅かな時間見えた! あれが昨日登った山だ。
ニセコアンヌプリも僅かな時間見えた! あれが昨日登った山だ。
8:55 倶知安まで一緒に走る。
8:55 倶知安まで一緒に走る。
9:16 最後に並んで記念撮影。楽しかったです。お疲れ様~。
9:16 最後に並んで記念撮影。楽しかったです。お疲れ様~。
9:57 京極の道の駅に立ち寄る。
9:57 京極の道の駅に立ち寄る。
お決まりの名水を飲む。
お決まりの名水を飲む。
10:50 道の駅フォーレスト276横の「きのこ王国」に寄ってみた。
10:50 道の駅フォーレスト276横の「きのこ王国」に寄ってみた。
活気があって楽しい
活気があって楽しい
きのこ汁(100円。安い!)とホタテ入りきのこご飯(380円)を食べた。美味しかった。。
きのこ汁(100円。安い!)とホタテ入りきのこご飯(380円)を食べた。美味しかった。。
横は支笏湖。こんな長閑な道路が好き。
横は支笏湖。こんな長閑な道路が好き。
12:02 千歳駅前を通過。
12:02 千歳駅前を通過。
12:27 千歳近郊、パレットの丘。美瑛の様な雰囲気。
12:27 千歳近郊、パレットの丘。美瑛の様な雰囲気。
パレットの丘の看板、食は農業だ!の看板が折角の撮影景観を・・・
パレットの丘の看板、食は農業だ!の看板が折角の撮影景観を・・・
12:58 夕張でメロンソフトを食べる。オープンカーは暑いのだ。
12:58 夕張でメロンソフトを食べる。オープンカーは暑いのだ。
桂沢観光ホテルで温泉に入ろうと思ったが、改装中でした・・
桂沢観光ホテルで温泉に入ろうと思ったが、改装中でした・・
14:13 やむを得ずそばの湯の元温泉へ。
14:13 やむを得ずそばの湯の元温泉へ。
ここは鴨料理が有名らしく、芸能人も多数訪れている穴場らしい。温泉は冷泉の沸かし湯だったが、人が殆どおらず、ゆっくりくつろげた。
ここは鴨料理が有名らしく、芸能人も多数訪れている穴場らしい。温泉は冷泉の沸かし湯だったが、人が殆どおらず、ゆっくりくつろげた。
温泉。小さな内湯と露天風呂が一つずつ。施設も奇麗でした。
温泉。小さな内湯と露天風呂が一つずつ。施設も奇麗でした。
15:30 風呂上りのオープン走行は格別。ここは芦別に入ったあたり。
15:30 風呂上りのオープン走行は格別。ここは芦別に入ったあたり。
16:18 カムイコタンを通過。 帰宅は16:45でした。。
16:18 カムイコタンを通過。 帰宅は16:45でした。。

二日で4時間睡眠であったが、睡魔に襲われる事もなく、疲れも殆どなく楽しく過ごせた。

 

登山は苦しいが予想外に楽しい事が色々あるのが分かった。下山後の温泉が最高だし・・。また今度どこかの山に挑戦しよう。

 

最後にDocro氏、かぶじろう氏に感謝! またいずれ・・