知床 熊の湯温泉          初訪問2009年6月

2009年6月
2009年6月
2010年5月 左の建物(囲い)は女湯
2010年5月 左の建物(囲い)は女湯

 ■住所:目梨郡羅臼町湯ノ沢町

 ■料金:無料

 ■泉質:含硫黄ナトリウム塩化物泉

 ■泉温:99℃

 ■その他:硫黄臭が心地よい

 

脱衣所には入浴十ヶ条が掲げられている。

私は事前に調べてから行ったので、驚きはしなかったが、初めてこれを見る方は「何だ!?」と思われるでしょう。

 第一条には■脱衣所に入ったら何が書いてあるか良く見て良く読んでから入って下さい。読む余裕がなくお急ぎの方は入浴せずお帰り下さい■と書いてある。

 熊の湯温泉は湯が熱い。熱いどころの騒ぎではない。私が到着した時、二人の先客がいたが、二人とも入浴を断念して帰ったのである。水でうめる事は不可能ではないが十ヶ条にもある通り、過半数の賛成を得なければそれが出来ない。一般の観光客はただ入浴するという事が困難である。

この温泉は地元の方が長年にわたって維持管理をして来た由緒正しき温泉なのである。精神的にも金銭的にも相当の投資をしてきている。

 

ちなみに私が入浴出来たのは地元の方の音頭の上で過半数の方の「水でうめる」賛成があったからである。但し、地元の方々にとっては多分大いに不満であったと思う。

体の洗い方、桶の置き方等、何人かの一般の観光客の方は地元の方に注意を受けていた。嫌な思いをしない為にも必ず「熊の湯温泉十ヶ条」を熟読し、脳みそに刻み込んで入浴に臨む事をお勧めする。

 

ちなみにここは毎朝5時半から地元の方、キャンパーの方が1時間掛けて掃除をしております。温泉を愛する心で成り立っている人情味溢れる素晴らしい温泉だ。

2010年5月
2010年5月